本と資料の紹介コーナー

このコーナーでは、労働運動、労働組合の分野で皆さんに読んでいただきたい本と文献を取り上げます。重要と思われる文献については、労働一般、経済社会問題まで広げて紹介していくとともに、連合周辺の刊行物も収録します。
文献の選定には教育文化協会の書評委員会があたっていますが、紹介内容は連合または教育文化協会の主張を必ずしも反映せず、高木郁朗 日本女子大学名誉教授の責任監修で行われています。

2017年2月の紹介本

おすすめ本

  • 塩田武士
    『ともにがんばりましょう』

    評者:木村裕士(連合副事務局長)

     新聞社の労働組合を舞台に、一時金や手当をめぐる交渉をリアルに描いた小説。読者が労使交渉の経験者であれば特に、団体交渉における労使のつばぜり合いの場面では、自分の経験が脳裏によみがえり、手に汗握ることであろう。「ともにがんばりましょう」は、労働組合の集会などであいさつを締めくくる時によく使われる言葉。どの労働組合でも民主的な手続きの下、組合員の思いを受け止めながら、真剣勝負で経営側との交渉にのぞんでいる。この小説はそうした場面と共通する。
     著者は新進気鋭の小説家、塩田武士。神戸新聞社の記者として活躍、将棋担当として在職中にプロ棋士を目指す男を主人公にした『盤上のアルファ』で小説現代長編新人賞を受賞しデビュー、2016年に『罪の声』で山田風太郎賞を受賞している。2012年に同社を退職し、その後すぐに、新聞社在職中の労働組合執行部の経験をもとに、この小説を書き上げたという。
     すでに初版から4年以上が過ぎているが、今の労働組合を描写した小説としては、極めて貴重な存在。これまでも山崎豊子の『仮装学園』『沈まぬ太陽』、高杉良の『労働貴族』など労働組合が登場する小説はあるが、いずれも時代背景は相当古い。この小説は、労使それぞれの人物描写、団体交渉のリアルさという点では群を抜いている。また、ただリアルさだけではなく、エンターテイメント作品としても十分に読めるところもお奨めしたいポイントの一つである。

    本文はこちら

    講談社
    1,500円+税
    (kindle版あり)
    2012年7月
    (※2017年3月15日講談社文庫から文庫版が発売予定)

ルーツを求めて

  • 文部省著 西田亮介編
    『民主主義 〈一九四八‐五三〉中学・高校社会科教科書エッセンス復刻版』

    評者:山根正幸(連合企画局次長)

     本書は、1948年から1953年にかけて中学・高校で使用された社会科教科書「民主主義」の復刻版である。原典の「民主主義」は、GHQの下で法哲学者の尾高朝雄らが編纂し、経済学者の大河内一男など当時の一線級の執筆陣も参加したとされる。今回の復刻では、上下巻全17章にわたる原典を新書におさめるべく、編者がとくに重要と考える部分を整理し、全10章ならびに補章に再構成している。戦前の政党政治や軍部独裁などがもたらした惨禍の反省に立脚し、「民主主義の根幹は人間尊重にある」ことを主題に、その理念や発達の歴史を解説するとともに、実践に向けた心構えを説いている。

    本文はこちら

    幻冬舎
    800円+税
    2016年1月

議論を深める

  • 村田沙耶香
    『コンビニ人間』

    評者:前田藍(連合総研研究員)

     主人公は「普通」であることが分からず周囲になじめない36歳の女性。主人公の行動は、いつも周りをぎょっとさせてしまう。自分のなにが人と違うのか、どこが悪いのか、小さい頃から一生懸命考えてきたが結局わからぬまま、皆と同じようになりたいと願い成長してきた。そんな主人公が「普通」を見出せる唯一の場はコンビニだった。客への声のかけ方、お辞儀のしかた、すべてにマニュアルが存在するコンビニで働くことで、主人公は「普通の店員」として変身し、社会の部品となれたことに心から安堵を覚えていた。しかし、仕事を通じて出会った人々から思いがけず影響を受けるようになり、充足していたかに見えたコンビニでの仕事も揺らいでいく。

    本文はこちら

    文藝春秋
    1,300円+税
    2016年7月
  • 橘木俊詔
    『新しい幸福論』

    評者:柳宏志(連合総研研究員)

     少子高齢化が急速に進む日本で、これまでのように大きな経済成長を続けることは可能なのだろうか。経済成長率が上がれば、人は幸せになれるのだろうか。本書は、格差問題の代表的な論客として知られ、とくに貧困者の数が増えている現実を重大な問題ととらえて格差の拡大に警鐘を鳴らし続けてきた著者が、こうした問いに向き合い、経済成長の追求は必ずしも人々の幸福感や格差是正にはつながらず、限界や弊害も少なくないことなどを論じたうえで、「脱成長路線」の立場から、本当に心豊かで幸せな生活とそれを実現できる社会のあり方を考えた1冊である。

    本文はこちら

    岩波書店
    820円+税
    2016年5月

これまでの掲載実績

書評委員会委員一覧

文献紹介コーナー(~2008年)


戻る