私の提言「働くことを軸とする安心社会」の実現にむけて

 第14回「私の提言」は、8月4日に募集を締め切り、計67編のご応募をいただきました。貴重なご提言ありがとうございました。
 運営委員会にて審査の結果、入賞提言を下記のとおり決定しましたので発表いたします。

優秀賞

石原 康則氏(社会福祉法人電機神奈川福祉センター 理事長)
障害者雇用における労働組合への期待と提言

佳作賞(50音順)

神野 沙織氏(UAゼンセン スギ薬局ユニオン 中央執行書記長)
女性のさらなる活躍推進に向けて、 
結婚・出産後も働き続けやすい社会の実現を
~「男性の育児休業取得」の重要性と取得率増加に向けた提案~

奨励賞(50音順)

秋庭 くるみ 氏(日本郵便株式会社)
介護離職を防ぎ介護と仕事の両立をするために
~求められる制度改善・働き方改革と職場での受け入れ方~
孫 利偉氏(愛知時計電機株式会社)
私が見た外国人社員への支援の必要性
幡地 佑有子
病気に罹患しても働き続けられる安心社会の実現にむけて

学生特別賞

上田 隼也氏(立命館大学生命科学部生命医科学科 4回生)
※共同執筆代表者
働く女性をサポートするD E A I プロジェクトの提案
~立命館大学少子化対策プロジェクトの活動から~

戻る