教育文化協会のあゆみ 1995-2014

 
21世紀の労働運動を展望して、労働者教育や教育文化活動の振興と人材育成をめざす、
「社団法人 教育文化協会」を設立

詳細はこちら

戦後労働運動を振り返り、今後の運動推進に寄与するため、
『ものがたり戦後労働運動史第Ⅰ巻』を発行

女性の力をもっと組合活動にいかすため、 「女性リーダー養成講座」を新設

詳細はこちら

働く仲間の創作活動をサポートする、
「ILEC幸せさがし美術展 ~働く仲間とその家族の公募展~」をスタート

詳細はこちら

次代の労働運動を担うリーダー育成をめざして、
「Rengoアカデミー・マスターコース(前期・後期)」を開講

詳細はこちら

「山田精吾顕彰会」の事業を継承して、
「連合運動への提言」論文募集事業をスタート

詳細はこちら

教育文化協会創立10周年を迎え、 記念演奏・講演・レセプションを開催
大学生にむけて労働組合の役割や労働運動の意義を発信する、
「連合寄付講座」を日本女子大学(2005年4月)・同志社大学(2006年4月)で開講

詳細はこちら

大学生にむけて労働組合の役割や労働運動の意義を発信する、
「連合寄付講座」を一橋大学(2007年4月)・埼玉大学(2007年10月)で開講

詳細はこちら

労働組合必携シリーズとして、
連合新書『壁を壊す(2009年)』、『地域をつなぐ(2010年)』を発行
労働運動に関連する書籍をHPで紹介する、
「書評委員会(研究者やRengoアカデミー・マスターコース修了生などで構成)」を設置

詳細はこちら

連合本部・地方ブロック連絡会との連携で、
地方連合会が企画・主催する「地方連合会寄付講座」がスタート
山形大学(2012年10月)・佐賀大学(2012年10月)で開講

詳細はこちら

労働運動が有する公益性をより一層ふまえた事業の実施へむけて、
「公益社団法人 教育文化協会」へ移行
大学生にむけて労働組合の役割や労働運動の意義を発信する、
「連合寄付講座」を法政大学(2013年9月)で開講

詳細はこちら

  2015年度「事業計画」を進行中