『連合とそのまわりの刊行物』

※このコーナーでは、連合構成組織・単組、地方連合会および連合の関係組織などによる刊行物を、
原則として持ち込みで紹介しています。掲載希望の場合はこちらまで
佐藤厚・連合総研編著『仕事と暮らし 10年の変化 ー連合総研・勤労者短観でみる200〜2016年ー』

玄田有史 編
出版:岩波書店
定価:2,000円+税
2018年10月

1.30代の働く地図

 全労済協会の研究会の成果書籍『30代の働く地図』が2018年10月に岩波書店から発刊となりました。
 これは、2017年6月に東京大学社会科学研究所教授 玄田 有史 氏を主査に設置した「これからの働き方研究会」での、働くことにまつわる1年間の議論をまとめたものです。
 職場で中核を担いつつも、転職や独立、副業や兼業を考えたり、家族や住居など、人生の重要な選択が集中する「働く30代」に焦点をあて、岐路に立つ世代に示唆を与える内容を目指しました。この内容は、これから30代を迎える若い世代、また30代と向き合う管理職や人事担当者など、幅広い「働く」世代にお役立ていただけます。ぜひご覧ください。

 

戻る